Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月04日Tue [12:52] ティランジア開花  

T.ionanthaその1

T.ionantha Variegata開花
2006-04-04-01

ヴァリエガータ開花。
昨日のビクトリアに比べるとより鮮明な赤ピンク。
サイズは通常のイオナンタに比べ大きく、
少し小太りのよく成長したイオナンタといった風格。
こんな風に少し模様が入ります。
2006-04-04-02


その他うちにいるT.ionanthaを少し確認してみた。

まず、T.ionantha Fuego。
枯れかかった奥の親株だけが
先端辛うじてフエゴしてる。(笑
これからあの炎の赤を演出してくれるんだろうか。
2006-04-04-03



その他最近、来たフエゴ。
よく見ると同じフエゴでも、
色合いの違いがあって興味深い。
2006-04-04-04

2006-04-04-05


T.ionantha Rositaで入れた株。
同じイオナンタのメキシコ産等に比べ葉が細く、
T.fuchsii的要素を併せ持つところ僕の好みである。
もっとねっちり育ててあげて
そびえ立つような葉にしてみたいところ。
常時、ピンクに色づく性質も侮れない。
2006-04-04-06


T.ionantha Peach
ちょっと前に紹介した株。
順次白花、開花してます。
これも色合いが株によって異なり、
もっともピーチっぽい株はこいつ。
その他は、T.ionantha'Druid'と云われても
区別付かず。
もっとも、株の祖先を辿っていくと、
'Druid'でいいのかも知れないが。

2006-04-04-07

2006-04-04-08


本家、'Druid'(どこが。。(笑)
元気に育ってはいるが、
黄色に色づくのはまだ先のよう。
2006-04-04-09






これまでの記事へのリンク集はここから

チラブログへのリンク集はこちら

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫


スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
う、美しいです!
葉先の痛みもほとんどなく、きれいに色付いてますね。
どうしたらこんなにきれいに育てられるんですか?
うちのイオナンタ軍団は窓際に放置状態のせいか、フエゴがかなり色付いているだけで、どれも咲く気配もありません。
もちろん葉先は痛みまくりです・・・(笑)。
2006/04/05(Wed) 00:14:29 | URL | teoさん #-[ Edit.]
>もちろん葉先は痛みまくりです・・・
うちのも株によっては葉先が痛んでいたりしますよ。
特にフエゴは、葉先まできっちり育てるのが難しい部類のような気がします。

入れたての株は結構痛んでたりするので、
これを復旧するのはかなり時間がかかります。まあ、好きでやってるんですけど。(笑
2006/04/05(Wed) 12:33:44 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。