Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月06日Thu [12:13] ティランジア開花  

T.caliginosaの不思議な魅力

花の色、株の色彩、常時の姿、
形、丈夫さ、様々なれど、
カリギノーサのこの花も、
脳裏に焼き付くものには違いない。
2006-04-06-01

2006-04-06-02


T.humilisの花が貴婦人の品格を持つとすれば、
カリギノーサのこの花は、
下町かあちゃんの力強さを備えるかのよう。

1日目(土)、花びらは恥ずかしそうに開き始め、
2日目(日)、この状態まで花開く。
3日目(月)、更に開いたような気が。
4日目(火)、状態変わらず、まだ咲いてる。
5日目(水)、状態変わらず、まだ咲いてる。
5日目(木)、状態変わらず、
      さらに次の開花が上の1日目状態に入る。
5日目(金)、。。。。
思いの外、開花期間が長い。

”ドス”の効いた斑点が入る花びら。
この模様をしばらく見つめていると、
これまでずっと、
きれいだと思っていた
透明単一色の花びらさえも、
何か物足りないような、
何かが欠けているような、
そんな不思議な錯覚に陥ってしまう。

これが単なる錯覚なのか、
あるいは、
カリギノーサの持つ、
うっすらした柑橘系香りの魔術なのか、
答えは、きっと、
この夢から覚めたときにしか、
分からないのだろうと思う。





これまでの記事へのリンク集はここから

チラブログへのリンク集はこちら

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫


スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
おおぉ!咲きましたか!
うちのは2株がつぼみを抱えています。一株だけほんのり色づいてきたので、今月末頃が開花時期かな?と思っています。
2006/04/06(Thu) 23:20:54 | URL | たろうさん #-[ Edit.]
『ほ~。』 
不思議な花色ですね。
青や紫、赤が多いティランジアだけどこんなのもあるんですね。
柑橘系の香りが気になります。
2006/04/07(Fri) 09:14:09 | URL | チェルブさん #YHzJ9LJU[ Edit.]
今日の朝も温室に入って観察しましたが、
まだ、変化なく開花してました。
もとより不気味な花びらですから、
しおれてもよく分からないだけかも知れませんが、長く楽しめます。
2006/04/07(Fri) 12:05:35 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
>柑橘系の香りが気になります。
香りは微妙なのです。(笑
花粉症のこの鼻にかすかに香る柑橘系。
強すぎず、甘すぎず、何度も確かめたくなる、そんな香りなのです。
2006/04/07(Fri) 12:07:59 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。