Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月17日Mon [12:11] ティランジア一般  

T.magnusianaの変化

ティランジアを栽培し始めた当初に枯らせてから、
ずっと敬遠していたマグヌシアーナも
その美しさに負けて再度チャレンジを始めている。

2006-04-17-01

このマグは去年の夏を無事通過した。
同じく銀白色の美しさを持つ同タイプ、
難物T.matudae(既に死亡)と比べると、
ずっと手がけやすい。

バナナワニ園のあのマグに比べたら、
何とも貧弱なマグではあるけれど、
それは栽培年月がその差を少しずつ
埋めていってくれることだろう。
(枯らさなければだけど。。)

このマグ、最近、赤味を帯びてきた。
またしても「枯れたか」と裏をめくってみたり、
株中心を探ってみたりしたけれど、
一応しっかりしてる。

しかし、ティランジア特有のタイムラグ、
北斗神拳ケンシロウの言葉を借りれば、
「おまえはもう死んでいる」
状態かも知れず、そうなれば、
一度もネットデビューすることなく、
寂しく逝ってしまうかもしれないきみのために、
ここらで紹介させてもらうことにしよう。

マグの血を引く、
T.velickiana x magnusianaの交配種も、
開花のあと、一株だけ吹いた子株が順調に生育中。

2006-04-17-02


2006-04-17-03






これまでの記事へのリンク集はここから

チラブログへのリンク集はこちら

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫


スポンサーサイト

Re Comments.

写真ではとてもそんな風には見えないのですが、油断大敵なのですね。
考えてみれば店先には
「おまえはもう死んでいる」
状態のものがたくさん売られてることがありますね。
2006/04/18(Tue) 12:48:22 | URL | りあなさん #u13ZVev.[ Edit.]
『』 
マグヌシアーナ大好きです!
柔らかい葉が何とも良い感じですよね?この感触が好きでベリッキアーナとマツダエを買ってみましたが、昨年の夏に真っ黒に腐りました(-_-;
マツダエは来たときから黒ずんでいたので、すでに瀕死の株だったのかもしれません..恐るべしオレンジ色の丸ラベル業者..
ベリッキアーナは2株あったのですが、一株が同じように黒くなりました。まだ一株頑張っていますので、今年の夏を乗り切れるよう頑張ります!

マグヌシアーナは6株あるのですが、瀕死の状態が99円で売られていたものを救出して、現在はだいぶ調子を戻して来ました。
ブログの自己紹介画像が一番よく育っている株です。こんど記事にしてみようかな。
2006/04/18(Tue) 19:19:34 | URL | たろうさん #-[ Edit.]
『re:りあなさん』 
>写真ではとてもそんな風には見えないのですが、油断大敵なのですね。
実は、マグヌシアーナの葉色が赤くなる現象を初めて見るのです。ですから、これからどんな展開になるのか自分でもよく分かりません。
ですので、一応、ブログでは不確定な書き方をしました。
今のところすぐに枯れるような状態ではありません。


>「おまえはもう死んでいる」
こんな状態の株を購入する人が出てこないことを祈っています。
2006/04/18(Tue) 22:49:50 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
>マグヌシアーナは6株あるのですが
ろっ、6株ですか。(笑
凄い数のマグですね。
でも、すきな種はいくつも揃えたくなる。
ティランジアとはほんとに不思議な魅力を持つ植物だと思います。
2006/04/18(Tue) 22:54:39 | URL | hirahiraさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。