Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年05月06日Sat [22:31] 野草  

野草と遊ぶ

連休中、更新さぼって遊びほうけていた。
ピクニック・散歩的なお出かけが多く、
里山に出かけては、野原を散策し、
野草を見つけ、食べられるものは、
天ぷらに形を変えて、胃袋に収めた。
食べたもの。。
ユキノシタ、イタドリ、タンポポ、すみれ、
よもぎ、もみじ、すぎな、ゼンマイ。
どれもおいしかった。(笑

ユキノシタは垂れ下がる白い花が咲いてないときは、
これまであまり意識してなかったけど、
こんな葉をして湿った日陰に生えている。
ゼラニュームの葉っぱのよう。
2006-05-06-01


その他散歩で出会った野草を一挙、フラッシュ。

おなじみオオイヌノフグリ。
2006-05-06-02


たんぽぽ。
2006-05-06-03


詳しい名前は分からないがスミレ。
2006-05-06-04


水路脇のタネツケバナ。美しい野草だと思う。
2006-05-06-14


キランソウ。
地面に蓋をした姿から「地獄の釜の蓋」とも呼ばれるらしい。
小さいリンドウ的花で剛毛が特徴。
2006-05-06-05


ゲンゲ。
2006-05-06-06


ホトケノザの群生。
里山では非常に背が高く立派な株に成長する。
2006-05-06-07


身体全体を赤銅色に染めるヒメオドリコソウ。
2006-05-06-08


スズランと思ってたけど、
調べてみるとスノーフレークって名前だった。
2006-05-06-09


ヘビイチゴの花。
2006-05-06-10


田んぼの畦で見つけたムラサキサギゴケ。
トキワハゼの大型タイプ。
2006-05-06-11


ハハコグサ。
2006-05-06-12


琵琶湖バレイに植えられたラッパ水仙。
2006-05-06-13


コバンソウ。独特の風貌がユーモラス。
2006-05-06-15


去年、上野さんに教えてもらったマツバウンラン。
孤高の花のように可憐な面持ちで風にそよぐ。
2006-05-06-16


タガラシ。黄色い花がよく目立つ。
2006-05-06-20


ピントずれましたけど、タニギキョウ。
2006-05-06-18


どこにでもあるノゲシ。
2006-05-06-17



名前に間違い等ありましたら、教えて下さい。


その他不明種。
琵琶湖バレイの園芸コーナーで発見。
2006-05-06-21


2006-05-06-22


2006-05-06-23


2006-05-06-24






これまでの記事へのリンク集はここから

チラブログへのリンク集はこちら

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫


スポンサーサイト

Re Comments.

『お疲れ様でした。』 
家族サービスお疲れ様です。
いいGWを過ごされたようですね。
自分は植木の世話で終わってしまった感じで、嬉しいような、悲しいような・・・。
野草は調べようとすると、途中で投げ出してしまうからわからないのが多いです。
ユキノシタは綺麗な葉をして結構好きです。
2006/05/07(Sun) 23:09:06 | URL | チェルブさん #YHzJ9LJU[ Edit.]
>野草は調べようとすると、途中で投げ出してしまうからわからないのが多いです。
私も調べながら歩いてたり、あるいは、写真を撮って後で調べたりしています。
結構、色んな花があって見ていて楽しいのですが、同定が難しいです。
誰か詳しい人がそばにいて歩いてくれると楽なんだけど。。。
2006/05/08(Mon) 12:27:12 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
『不明種』 
写真の不明種は、上二つはオキナグサの仲間です。日本産の物は臙脂色の花なので、洋種か交配種だと思います。一番下はセンペルビブムの仲間です。赤い多肉植物は判りません。マツバギクっぽい感じですが・・・・
2006/05/08(Mon) 13:59:10 | URL | 上野さん #ITmlDJqs[ Edit.]
>写真の不明種は、上二つはオキナグサの仲間です。
翁草ですか。ネットで確認しました。
日本翁草は絶滅危惧種に指定されるほど、珍しいみたいですね。
これは花色から、西洋翁草ということなんでしょうね。
琵琶湖バレイの宿根草のコーナーにそれほど大切にする風もなく雑然と育てられてました。
種を付けたときの様子から「翁」と呼ばれるのなら、種付けのタイミングでもう一度見なければならないところです。(笑


>一番下はセンペルビブムの仲間です。
これもネットで確認しました。
葉が開くとかなり魅力的な植物にみえます。
このセンペルビブムのように多肉的な風貌の植物が、
平地よりかなり気温の低い比良山系で育つ種類であることが不思議なところです。
2006/05/08(Mon) 17:59:16 | URL | hirahiraさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。