Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月01日Thu [12:41] 番外編  

Dyckiaの顔と顔

Dyckia marnier-lapostollei。
ディッキア マルニエ-ラポストレイ。
2006-06-01-01

ティランジアのような銀葉系の面持ちを残す種。
ワニ歯のようなトゲと
ハートに見えないこともない葉模様。

2006-06-01-02


今年の日本ブロメリア協会(※1)熱川例会でやって来た株。
marnier-lapostolleiの名を付けた人は
余程のブロメリア好きだったと見えて、
ディッキアに限らず、
その他のブロメリアでも
marnier-lapostolleiの名を有する株がある。
Hechtia marnier-lapostollei
Tillandsia marnier-lapostollei

(marnier-lapostolleiの名を付けた人はパトロンで、
 研究資金を支援する代わりに、
 登録された新種に自分の名前を付けさせたと
 聞いたような気もする。)

T.marnier-lapostolleiはどんな株?
Tillandsia World→My Colloction Index→Mから。
着生植物の森→BROMELIADS→TILLANDSIAから。


Dyckia platyphylla。
こちらも去年の日本ブロメリア協会主催、
”夢の島夏の陣フリマ”で入手した実生株。
購入当時は、
トゲがきれいなピンク色をしていたけれど、
うちの環境で色落ちしてしまった。

2006-06-01-03



これらディッキア栽培の秘訣は、
多肉のようなこの見かけに
だまされないこと、そのただ一点。

週に1度とかそんな多肉栽培型水やりでは、
絶対うまく育たない。

大の水好き、日当たり好きなので、
これからの季節、直射日光も浴びさせ
少し色目の回復を目指すとしよう。

※1:日本ブロメリア協会
 ブロメリア愛好家らでつくる、
 会員規模百数十人の趣味の会。
 NTHの著者:清水氏、滝沢氏にも会える。
 
日本ブロメリア協会HPはこちらから。





これまでの記事へのリンク集はここから

チラブログへのリンク集はこちら

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫

スポンサーサイト

Re Comments.

『最近は』 
デッキアとか見に多肉屋さんに行くことが多いです。
我慢できずに買ってしまうのが怖い。
2006/06/02(Fri) 06:25:34 | URL | チェルブさん #YHzJ9LJU[ Edit.]
>デッキアとか見に多肉屋さんに行くことが多いです。
最近、多肉にも走ってるんですか。
既にすごい、数のコレクションになってますよね。チュルブさんの快進撃はとどまるところを知りません。(笑


>我慢できずに買ってしまうのが怖い。
私も気持ちは分かります。
2006/06/03(Sat) 09:53:10 | URL | hirahiraさん #-[ Edit.]
『Dyckiaの潅水』 
確かに、多肉植物一般的な潅水だと葉先から枯れてきて次々と子株を吹きますね。
買った当初は結構悩みました。

開花しやすいし高温多湿な日本の夏に適応してくれるので育てやすく、Dyckia栽培を始めたい人にはお勧めのものかと思います。
2006/06/14(Wed) 20:57:31 | URL | hechtiaさん #ftr86F3A[ Edit.]
わたし、Dycikaも好きです。(笑
大きさも手頃で、ティランジアにない魅力があります。


>多肉植物一般的な潅水だと葉先から枯れてきて次々と子株を吹きますね。
そうなんですか。逆に子株がたくさん欲しいときは、水を控えればよい??(笑
2006/06/15(Thu) 21:48:22 | URL | hirahiraさん #-[ Edit.]
>そうなんですか。逆に子株がたくさん欲しいときは、水を控えればよい??(笑

まさに、その通りです。
自分の環境では、年に2~3個もの子株を吹きました。
子株は育てるつもりは無かったし、鉢が子株だらけになって潅水し辛くなるので、毎年切り取ってました。
2006/06/15(Thu) 22:14:00 | URL | hechtiaさん #ftr86F3A[ Edit.]
>自分の環境では、年に2~3個もの子株を吹きました。
年に2、3個もですか。結構、繁殖力旺盛なんですね。

>鉢が子株だらけになって潅水し辛くなるので、毎年切り取ってました。
私は貧乏性だから、このままクランプで育てようと欲張って、失敗してしまうんだろうなぁ。
hechtiaさんのところのディッキア、前に開花でアップされてた株は、とてもいい形してました。切り取りが功を奏してたんでしょうね。

2006/06/16(Fri) 12:15:29 | URL | hirahiraさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。