Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月26日Wed [12:25] ティランジア一般  

失敗事例 T.huarazensis

去年の夏に入手したフアラゼンシス。
去年の夏の勇姿

しかし。。
2006-07-26-01


40%程度の遮光で、
僕は栽培しているが、
去年、その中でも一番明るい環境に出して、
丁重に扱っていたところ、
葉にパンチで押したようなあとが
つき始めた。

何だかよく分からなかったけど、
原因は日焼けだと思っている。

それ以降、日当たりの悪いところに移し、
パンチング現象を回避したけど、
その代わり、
下半分と上半分の大きさが異なる株になった。

いやぁ、難しい。
いと、難しい。

Oliva-EsteveのBROMELIACEAE III
によると自生地は2000mを越える地域らしいから、
このあたりの気むずかしさは、
高山性故のものか。。

ただ、水溜しても結構いける株で、
3シーズンは水溜式で栽培中。
開花に至るのか、
いや、それまでに、
この夏を越せずに消え去るのか、
答えはいずれやってくる。

入手難易度 :★★★★★
開花難易度 :★★★★★
栽培難易度 :★★★★★
お気に入り度:★★★★☆




これまでの記事へのリンク集はここから

チラブログへのリンク集はこちら

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。