Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月24日Fri [12:37] ティランジア開花  

T.gardneri開花

2006-02-24-02


うっすらピンクの花苞に抱かれ、
より色濃いピンクの小花がふたつ。
我先にと出しゃばる訳でなく、
見方によっては、
ひっそり隠れるそぶりさえ感じさせる、
そんな咲き方。

2006-02-24-03


僕の好みから云えば、
目の覚めるような印象鮮やかくっきりカラーより、
あいまいな日本の私的微妙色が好きだ。
そんな観点からは、
ピンクの花より花苞(floral bract)が
素敵だと感じてしまう。

2006-02-24-04


でも、これ、基本種じゃなくて、ルピコラの花かな。(汗




これまでの記事へのリンク集はここから

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫
スポンサーサイト

Re Comments.

うわーー、まずいものを見てしまいました。
なんという愛らしい花でしょう。
何故このチランジアはこんなに花が美しいのでしょう。何の為なんでしょうね。
自生地を私は知らないので、自然の状態を見てみたい気持ちになります。
蘭などは本に紹介されていることがあるので目にしますが、これだけきれいな花を咲かせるなんて、心惹かれますね。
2006/03/02(Thu) 22:37:27 | URL | hideさん #PinUTwLU[ Edit.]
>何故このチランジアはこんなに花が美しいのでしょう。
花も形も様々で、飽きることがありません。
ティランジアの花は、そのほとんどが数日、長いものでも1ヶ月程度で開花を終えるものがほとんどです。
一度開花すれば、次に開花に巡り会えるのが、早くて1年、もしかするともう生きてるうちに開花に巡り会えない株もあるかも知れない。v-40

僕がきれいだと感じるのは、きっと、開花してる短い時間を大切に思う心からだろうと思う。

>自生地を私は知らないので、自然の状態を見てみたい気持ちになります。
僕も写真でしか見たことがありません。
いつか、自生地を見ることがあるのかな。
2006/03/03(Fri) 00:22:02 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。