Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月10日Fri [12:47] ティランジア一般  

いざ、聖地へ。その3

2006-03-10-12


T.tectorum
うっとりします。
うちでは他の植物と干渉したりして、
葉を痛めることと、
水が多い環境なので、ここまで真っ白に育ちません。
これを目標にしてまた頑張ります。

2006-03-10-17



T.hondurensis
先端を紫色に染めたその姿は、
単なる銀葉系美では収まらない
独自の文化を主張する。
2006-03-10-10

2006-03-10-11


T.recurvifolia
開花中。オレンジ色の花苞が遠目にも際だつ。
2006-03-10-13


T.disticha
株元が少し膨らんだ魅力的な姿。
小さな黄色い花を咲かせる。
2006-03-10-14


T.argentina
花序上がってます。
ピンと直立した姿、きれいでしょ。
2006-03-10-15

2006-03-10-16


T.geminiflora
花芽を抱いてます。
紫の斑点が葉に入るタイプ。
常時の姿もこの斑点タイプの方がドスの効いた迫力を感じる。
2006-03-10-18


上記名前は自分の思いこみで書いてますので、
間違いがあればこっそりご指摘下さい。(笑




これまでの記事へのリンク集はここから

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
なんでもそうなのでしょうが、群生で育ててるのはいいですね。
家ではなかなかそこまでできないからなあ。
ホンジュランシスは特にいいと思いました。
2006/03/11(Sat) 12:48:23 | URL | りあなさん #u13ZVev.[ Edit.]
『RE:りあなさん。。』 
T.hondurensis は開花前なんでしょう、先端に膨らみがあり、紅葉ならぬ、紫葉してます。
>家ではなかなかそこまでできないからなあ。
いえいえ、ワニ園に出来て個人に出来ないことはありません。(という気で頑張りたい(笑))

T.tectorum などの姿を見ていると、こんな風に育てたいと、妙な欲望が沸いてきて、次なる目標が出来たような気がするのです。
2006/03/12(Sun) 03:11:40 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。