Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月12日Sun [04:07] ティランジア一般  

いざ、聖地へ。その4

いつまでやってるんだと、怒られそうですけど、
それくらい、おもしろいんですワニ園。
(ワニは見学しませんでしたけど。)

T.ehlersianaの実生株。
乾燥した環境のため、ここまでの月日は膨大ですけど、
赤みがかった姿が印象的。
2006-03-12-15

T.albidaの怖いくらいの群生と、所々に見えるのは、
T.flexuosa(vivapara)でしょうか。
2006-03-12-01


T.kautzkyi
2006-03-12-02


これはよく分かりません。Hechtiaでしょうか。
ティランジアが置かれている棚の下にいました。
2006-03-12-03


実生株。
月日を見ると気が遠くなりますので、じっくり見ない方がいいかも。
2006-03-12-06

2006-03-12-05


T.vernicosa(奥)とT.floribunda(手前)の花でしょうか。
2006-03-12-14


T.edithiae、うちのももうそろそろ開花してくれないかなぁ。
2006-03-12-09


T.bulbosa。ここ名まで来るとちょっと怖い?(笑
2006-03-12-08


T.compressaか。大きく育ってます。
2006-03-12-11


T.ionantha'Apretado'か。
ただひたすらに伸びるコーンヘッドといった面持ち。
2006-03-12-13


上記名前は自分の思いこみで書いてますので、
間違いがあればこっそりご指摘下さい。(笑




これまでの記事へのリンク集はここから

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
>月日を見ると気が遠くなりますので、じっくり見ない方がいいかも。

じっくり見てしまいました。
移植するまで3年かかってるのですね。
気が遠くなりました(笑)
あれを育てた方の根気に感服です。
2006/03/12(Sun) 13:28:21 | URL | りあなさん #u13ZVev.[ Edit.]
『RE:りあなさん。。』 
ティランジアの実生とは、気の遠くなるような作業なんですね。
水分を多く与える環境にすれば、多少は生育も早くなるのかも知れませんが、それにしても。。。

凡人にはマネ出来ません。
2006/03/13(Mon) 07:17:13 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。