Since 2004.10.05


Copyright(c)2004-2006. hirahira. All right reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. Sorry,Japanese only.


旧館 2004.10.05~2006.01.04
人気blogランキングへ
これまでの記事へのリンク集はこちら
ぼくの育て方遍歴はこちら
チラブログへのリンク集はこちら
ベラチラ画像掲示板はこちら。(テキストだけでもお気軽にご利用ください)
リンクは記事別でもブログ全体でもご自由にどうぞ。。
 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月20日Mon [12:26] ティランジア花芽  

T.ionantha Peachと鮒釣り

イオナンタピーチで入れた株。

2006-03-20-01

「T.ionantha'Druid'とどこが違うの」と
多少の疑問はあるけれど、ひいき目に見れば、
ちょっとオレンジがかった発色を
してるような気もする。
2006-03-20-03


「おいちょっと、こりゃーただの黄色じゃねーか。」
と巻き舌で文句のひとつでも言おうものなら、
「そりゃ、あんたの栽培技術が足らないから、
きれいに発色しないだけなのよ。」
という必殺お見事切り返しの術があって、
僕はただ、
この黄色をピーチに見えるようになる心の目を
静かに養うしかないのである。

奥の方までのぞき込むと、白い花が見えたから、
今朝か明日くらいには開花してると思われる。
(クリックで拡大します。)
2006-03-20-02

2006-03-20-04


先端にはトリコームがあまり付いてない。

魚釣りの世界では、
「鮒釣りに始まり鮒釣りに終わる」と
そんな言葉があるように、
鮒釣りは、
簡単なように見えて奥が深い釣りの代名詞になっている。

ティランジアにおける鮒釣りが、
まさしくこのT.ionanthaであって、
その種類、その変異、様々で、
このイオナンタだけで
ブログを作ってる人もいるほどである。




これまでの記事へのリンク集はここから

チラブログへのリンク集はこちら

「お手元のブロチラ紹介して下さいませ」
画像猫


スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
イオナンタは小ぶりで、つんつんした葉っぱが好きです。
葉っぱが赤くなるものは見かけますが、このような色になるものもあるのですね。

2006/03/20(Mon) 13:06:42 | URL | りあなさん #u13ZVev.[ Edit.]
『RE:りあなさん。』 
>葉っぱが赤くなるものは見かけますが、このような色になるものもあるのですね。
そうそう、いろんな色、形があって奥が深いんです。うかつに迷い込んだら、大変。抜けられなくなります。
2006/03/20(Mon) 14:58:42 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
『』 
むむむ、ピーチですか。良い色ですね。同じ名称で白花のものと紫花のものが出回っているようです。

ところで、3枚目の写真の画面下のほうの緑の葉の先端部が白くなる現象はなんでしょうか?
2006/03/20(Mon) 19:42:07 | URL | 加藤さん #jTe/cVKg[ Edit.]
『RE:加藤さん』 
>同じ名称で白花のものと紫花のものが出回っているようです。
そうなんですか。知りませんでした。
うちのが白花のようなので、ぜひ、紫花みてみたい。
T.ionantha'Druid'が白花だから、この色で白花は想像がつくけど、紫花は凄いコントラストになるのでは。。


>3枚目の写真の画面下のほうの緑の葉の先端部が白くなる現象はなんでしょうか?
よく見てますね。気が付きませんでした。
ミクロで今度、確認します。

ていうか、小さなトリコームが密集してるだけなんだろうけど。
そういえば、T.rectifoliaの開花のとき、花苞の先端にトリコームが密集してたっけ。

これって、葉が成長すれば、トリコームが適度な間隔になるんだけど、そこまで成長してないから、小さなトリコームが先端に密集して見えるだけなのでは。。

説明下手なんですけど、意味伝わる?
2006/03/20(Mon) 20:47:52 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
『確かに・・・』 
イオナンタに始まってイオナンタに終わる。
自分は違うところから始まったけど、変種の多さはイオナンタですね。
実はこれからイオナンタを集めようかと思ってます。
2006/03/20(Mon) 21:25:17 | URL | チェルブさん #YHzJ9LJU[ Edit.]
>実はこれからイオナンタを集めようかと思ってます。
えっ、そうなんですか。意外です。
チュルブさんの好みではないと思っていました。
それとも、また、とんでもないレアものを狙ってる??(笑
2006/03/20(Mon) 23:49:21 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
『』 
この間の蘭展で買ってきたイオナンタ、見事にピンク色に染まってるんですがイオナンタ何かはわからないんですよ。
明日UPしますんで、是非おこしくださいませ。(他力本願)

それはそうとこのイオナンタ、凄くいい色していますね。
ちょうどオレンジとピンクの間という感じで、和菓子みたい。(おいしそう)
2006/03/21(Tue) 00:17:43 | URL | kurotohさん #-[ Edit.]
『RE:kurotohさん。』 
>明日UPしますんで、是非おこしくださいませ。
了解しました。見せて下さいませ。
ピンク色か、開花が近いんでしょうね。

>ちょうどオレンジとピンクの間という感じで、和菓子みたい。(おいしそう)
おいしそうですか。(笑
確かに、和菓子にこんなの、あっても不思議はないかな。
2006/03/21(Tue) 00:35:27 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
うちに帰って、NTH眺めてたら、NTHのピーチは紫花が載ってます。
ピーチはなのか??
2006/03/21(Tue) 01:00:43 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
『』 
えーと、メキシコのタスコといところで採れるイオナンタ基本種の中から特に開花色がピンク色の個体を選りすぐったのが最も始まりのようです。これは紫花ですね。
ですが、同時に特に赤みの強いドルイドもまた業者さんがピーチとして出荷しているようです。
どうも変種とか種類というより、個体差の範疇のもののようです。相変わらずあやふやなことばっかり言っててすいません(苦笑

でも個人的にはこの黄桃色には白い花が良い組み合わせで好きです、これほんとに旨そうですね、持ってないけど(笑


-
>これって、葉が成長すれば、トリコームが適度な間隔

なるほど、葉先が伸びればびろろーんと密生が伸びて適正な色合いになるのですね、ありがとうございました :)
2006/03/21(Tue) 19:01:07 | URL | 加藤さん #-[ Edit.]
『RE:加藤さん。』 
なるほど。ピーチ色の始まりが異なるのですね。
基本種からのものと、Druidからのものと。

個体差の範疇なら、黄色が勝ってる株があっても仕方ないってことなんだな。

今朝みたら、一株、白い花を咲かせていました。
2006/03/21(Tue) 23:15:44 | URL | hirahiraさん #4Hix00RM[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。